Q 日本脳炎予防接種について、特例措置対象者(その②)の年齢に入っていますが接種が途中です。残りの接種はどのようにすればいいですか。
A 日本脳炎予防接種は平成17年5月~平成22年3月まで積極的接種勧奨を差し控えていたため、特例経過措置として平成19年4月2日生まれ~平成21年10月1日生まれの人で、1期・追加接種(3歳~7歳6カ月になる日の前日までに3回接種)が未接種の人や接種途中の人は、2期の期間中(対象年齢 9歳~13歳の誕生日の前日まで)に、残りの回数及び2期1回を公費で接種できます。

①一度も接種していない場合 ※残り4回を接種します
1期1回目接種後、その翌日から6日~28日までの間隔をあけて1期2回目を接種
1期2回目接種の翌日からおおむね1年後に1期追加を1回接種
1期追加接種の翌日から6日以上の間隔をあけて2期を接種(1期追加と2期の間隔については接種医とご相談の上、接種をお受けください)

②1期・追加が接種途中の場合   残りの回数を6日以上の間隔をあけて接種
※ただし、平成22年4月1日以降に1期1回目を接種した場合は1期2回目と追加の間隔を6カ月以上あけて接種します。

③1期・追加は終了している場合   2期を1回接種します。



※以上の接種方法は目安です。詳しくは健康課予防担当(048-736-1111)までお問い合わせください。