ロタウイルスによる胃腸炎は、ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳頃)にかかりやすい病気です。感染力が強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染し、5歳までにはほぼすべての子どもが感染するといわれています。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛で、脱水症状がひどくなると点滴や入院が必要になることがあります。
ロタウイルスワクチンは経口生ワクチンです。1価ワクチン(ロタリックス)は、生後6週から生後24週までに、27日以上あけて2回、5価ワクチン(ロタテック)は、生後6週から生後32週までに、27日以上あけて3回経口投与します。なお、1回目の接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。
接種後は、「腸重積症」に気をつけましょう。ワクチン接種後、1~2週間くらいの間は、かかりやすくなると報告されています。