【予防接種を受けに行く前に】
・子どもの体調がよいときに受けましょう
・当日受ける予防接種について「予防接種と子どもの健康」を読んで、必要性、効果および副反応などを理解した上で受けましょう
・母子健康手帳を必ず持っていきましょう(実施医療機関で接種間隔などを確認します)
・予診票は接種する医師への大切な情報なので、責任を持って記入しましょう
・予防接種を受ける子どもの日頃の健康状態をよく知っている保護者が連れていきましょう
【予防接種を受けることができない場合】
・明らかに発熱(通常37.5度以上)をしている子ども
・急性疾患にかかっていることが明らかな子ども
・当日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分でアナフィラキシー反応を起こしたことがある子ども
・その他、医師が不適当な状態と判断した場合
【予防接種を受ける際に注意を要する場合】
・心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などで治療を受けている子ども
・予防接種で、接種後2日以内に発熱のみられた子ども、および発疹、じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられた子ども
・過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことがある子ども
・過去に免疫不全の診断がなされている子ども、および近親者に先天性免疫不全症の人がいる子ども
・卵の成分、抗生物質などでアレルギーがあると言われたことのある子ども
・B型肝炎接種の場合は、ラテックス過敏症(注1)の子ども                                                               ・BCG接種の場合は、家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのある子ども                                     ・(注1)ラテックス過敏症とは、天然ゴムの製品に対する即時型の過敏症です。