この予防接種は、肺炎球菌による重い感染症(細菌性髄膜炎、菌血症など)を予防するために接種します。
下記の接種方法が標準的な接種間隔です(対象年齢内、規定の接種回数なら無料で接種できます。接種間隔が規定より短い場合は有料になりますのでご注意ください)。

【対象年齢】
生後2カ月~5歳の誕生日の前日まで

【接種方法】
皮下注射

【生後2カ月~7カ月になる日の前日までに接種を開始した場合の接種回数及び接種間隔】 (標準的接種スケジュール)
○計4回接種(3回+追加接種)
○27日以上の間隔をあけて3回接種(標準として1歳になるまでに接種しますが、2歳の誕生日の前日までは接種できます)
 (ただし、1歳になってから2回目の接種をした場合は3回目接種は受けられません。追加接種のみとなります)
○追加接種:2回目または3回目の接種の翌日から、60日以上あけて、かつ1歳以降に1回接種(標準として1歳~1歳3カ月の間に接種)

【生後7カ月~1歳の誕生日の前日までに接種を開始した場合の接種回数及び接種間隔】
○計3回接種(2回+追加接種)
○27日以上の間隔をあけて2回接種(標準として1歳になるまでに接種しますが、2歳の誕生日の前日までは接種できます)
 (ただし、2歳になったら2回目接種は受けられません。追加接種のみとなります)
○追加接種:1回目または2回目の接種の翌日から、60日以上あけて、かつ1歳以降に1回接種

【1歳~2歳の誕生日の前日までに接種を開始した場合の接種回数及び接種間隔】
○計2回接種
○60日以上あけて2回接種

【2歳~5歳の誕生日の前日までに接種を開始した場合の接種回数】
○1回接種