春日部市予防接種情報提供サービス

ヘルパンギーナの感染に注意しましょう

 乳幼児を中心に夏季に流行する疾患です。発熱や咽頭痛、口腔内の小水疱がみられます。ウイルスが患者の咳やくしゃみで飛び散り、それを吸い込むこと、患者の手や触ったもの、または便を通じて人の口から入ることで感染します。特別な治療方法はなく対症療法が行われます。咽頭痛で食事が摂れないことがあり、脱水症になることがあります。
 予防するために、こまめに手を洗う、患者との密接な接触をできるだけ避ける、集団生活ではタオルの共用を避けるなどし感染に注意しましょう。
≪戻る